試作品ができました。ぜひ使ってみて下さい。

現在、ヘレニズム各国の領土年表を制作中。

領土年表 古代オリエント青  領土年表 大航海時代  平安時代の領土年表

説明書(古代オリエント青)    説明書(大航海時代)              説明書(平安時代)

領土年表~古代オリエント編~ 領土年表 古代イラン編 ローマ帝国VSモンゴル帝国の領土年表

説明書(古代オリエント編)          説明書(古代イラン編)            説明書(ローマ帝国VSモンゴル帝国)

 

領土年表とは、地図を表示せずに「かたまり」だけで見る、領土がわかる歴史年表です。(特許取得済)

[特長]
1.領土の形・存続期間・途中変化の詳細を同時に見られる。(地図と年表の融合を実現)
2.世界史時空上の各国の位置関係や出現順が一目瞭然になる。
3.視覚障害のある方の触覚による効率の良い領土の歴史地図になる触覚歴史学へ。
4.人工衛星・建物・車・船・家具などの形を有するものを領土年表にすることができる。
5.擬人化して人形劇ができる

例えば、今までの資料の場合は、大航海時代の世界史地図を見ると、海洋国家の拡大についての表示が殆どですが、
領土年表を使うと、同時代に大陸国家も拡大していることが変化具合も含めて物体的に一目瞭然になります。(東地中海へのオスマン帝国の拡大への対処が理由とよく言われますが、そのさらに東への拡大(ペルシャ湾側)や、モスクワ大公国の東側への急拡大はほとんど言われない。)あと、同時代にインカ帝国が拡大しているのが一目瞭然になります。(ほとんどは最大領土のインカ帝国がスペインに滅ぼされた表示だが、大航海時代にインカ帝国自身も拡大している) このように、領土年表を使うと、今までの資料では気がつかなかった発見があると思います。

現在、726カ国目の領土年表 作成済。